フードコーディネーターの仕事内容と必要な資格

Cooking Specialist

フードコーディネーターはどこでも活躍できる食の専門家

フードコーディネーターと調理師の違い

フードコーディネーター

フードコーディネーターは、調理師と違って料理を作るだけではなく、メニューの開発や企画、講師なども仕事として行うことがあります。そのため、調理の技術だけではなく幅広い知識やスキルが必要とされます。

調理師

調理師は、料理をメインの仕事とする職業です。レストランや料亭、ホテルなどで働くことができます。調理師として働くために必要不可欠な免許はありませんが、調理師免許は多くの調理師が持っている資格で、調理の基本知識とスキルを証明することができます。

フードコーディネーターが活躍できる場所

  • テレビや雑誌などのメディア
  • 食品メーカーや飲食店
  • 料理教室
  • 食に関するアドバイザー

フードコーディネーターの仕事内容と必要な資格

女の人

フードコーディネーターは食の専門家

近年、世界中で食に対する関心が高まってきています。それと同時に高まってきているものがフードコーディネーターの需要です。フードコーディネーターとは、簡単にいうと「食の専門家」です。食に関する幅広く豊富な知識とスキルを持ち、食に関する様々なサービスを提供するプロです。食の専門家のため、多くのシーンで活躍することができます。代表的な例としては、レストランのメニュー考案や企画、料理番組や雑誌への出演、食品関連企業へのアドバイザーなどが挙げられます。フードコーディネーターの仕事で気になる点は給与です。フードコーディネーターはフリーランスで働く人も多く、会社に勤めていない限り、給料はその月の仕事量に大きく左右されます。フリーランスで働いて仕事をもらえなかった場合は給料は0円です。しかし、常に勉強をして実績と知識、スキルを身につけていけば一年で300万円は稼げる仕事です。もちろん、フリーランスの世界は実力社会なので、さらに実力があり業界でも有名になることがあれば一年で1000万円以上稼ぐことも夢ではありません。

専門学校に通って資格を取得する

医師として働くためには医師免許が絶対に必要ですが、フードコーディネーターとして働くには絶対に必要な資格はありません。しかし、フードコーディネーターとしての知識やスキルを証明できる資格はあります。それがフードコーディネーター資格です。フードコーディネーター資格とは、FCAJが提供している資格の名前で、フードコーディネーター3級からフードコーディネーター1級までのレベルがあります。フードコーディネーター3級は、フードコーディネーターに必要な基本的な知識が求められます。一方、フードコーディネーター1級では、プロのフードコーディネーターとして活躍するための高い知識が試されます。フードコーディネーター資格は、独学での取得は難しい部分もあります。そのため、専門学校に通って資格取得を目指す方が多くいます。調理師専門学校のようにフードコーディネーターを目指せる専門学校も多くあります。フードコーディネーターを目指している方は、専門学校に通ってみてはいかがでしょうか。